虫歯を患った場合にはすぐ歯科へ

虫歯の原因と歯科治療

知識

虫歯で発熱した時は歯科に行こう

虫歯を放置していると、発熱することがあります。このようなときには、すぐに歯科に行って診てもらうことが肝心です。なぜなら、熱が出るような虫歯の状態というのは、既に神経にまで虫歯の影響が達している恐れがあるからです。また、他の病気で体が弱っている場合にも、それまで活動が抑制されていた虫歯菌や歯周病菌が活発に活動するようになり、発熱することがあります。そのまま放置しておくと、虫歯や歯周病が悪化するばかりでなく、原因となった病気も悪化する恐れがあるので、歯科に行って診てもらいましょう。そうすれば、虫歯等の治療を受けられるとともに、原因となった病気についてもどのような病気か診てもらうことができます。

発熱と歯の関係について

季節の変わり目や体力が落ちているとき、またインフルエンザなどによって、私たち人間は体調を崩して熱が出てしまうことがあります。熱が原因で歯が痛くなることがあるほか、逆に虫歯が原因となって発熱してしまうことがあります。そんなときはすぐ歯科医院にかかることが大切です。虫歯の進行が激しく神経まで達してしまっている場合、神経が炎症を起こして発熱することがあります。また、歯周病の初期段階の場合、インフルエンザなどの高熱をきっかけに体力が低下することにより、歯周病菌が活動をし始めて痛みが出てくることもあるのです。熱と歯は関連性がある場合が考えられるので、口腔内に異変を感じたら歯科医院へ行きましょう。

綺麗のための歯科情報

新着情報

↑PAGE TOP